「ワードプレスで売れる仕組みを作りWEB集客に特化したエマノンwordpressテーマの使い方」 の記事を増加中

WordPress回覧数を確認する方法:Post Views Counterプラグインの活用法

ワードプレステーマ
ワードプレステーマリキッドSTINGERWordPress使い方エマノンプラグイン
この記事は約3分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

「Post Views Counter」というプラグインを使用すると、WordPressの管理画面で閲覧数を確認することができます。 以下に、このプラグインの導入方法と使用方法の概要を説明します。

  1. プラグインのインストールと有効化:

    • WordPressの管理画面にログインします。
    • 「プラグイン」メニューから「新規追加」を選択します。
    • 検索バーに「Post Views Counter」と入力して、検索します。
    • 検索結果に表示された「Post Views Counter」プラグインを選択します。
    • 「今すぐインストール」ボタンをクリックして、プラグインをインストールします。
    • インストールが完了したら、「有効化」リンクをクリックして、プラグインを有効化します。
  2. 設定と使用方法:

    • プラグインが有効化されると、管理画面のサイドバーに「Post Views」メニューが追加されます。
    • 「投稿ビュー」メニューをクリックして、「設定」ページに移動します。
    • 「設定」ページでは、閲覧数の表示方法やカウンターのカスタマイズを設定できます。
    • 設定が完了しましたら、「変更を保存」ボタンをクリックして保存します。
    • 閲覧数を表示したい投稿やページの編集画面に移動します。
    • エディターのどこかに、ショートコードを追加します。
    • 投稿やページを公開または更新します。

以上で、「Post Views Counter」プラグインを使用して、WordPressの管理画面で閲覧数を確認することができます。投稿やページの閲覧数は、管理画面の「投稿」または「ページ」メニューからこちらも確認できます。

以下は、画像付きでの説明です。

 

スポンサーリンク

PostViews Counterとは

・投稿、固定ページの回覧数を数えてそれを投稿ページ、管理画面に表示してくれるプラグイン

・プラグインなのでテーマを変えても数字はそのまま維持される
 PV表示などの機能がテーマ自体についているコクーンの場合、テーマを変えると今まで蓄積されたpvデーターが全て無くなってしまいます。
表示回数は、自分のどの記事がどれぐらい読まれているか大切なデーターですから、テーマ自体にこの機能が付いていてもプラグインを入れておくとデーターが無くならないので安心です。

ワードプレスダッシュボードでの表示

https://ouenn.xsrv.jp/

10位まで月ごとに黒四角に表示回数が表示されます。

ワードプレス投稿での表示

赤四角に表示数がUPされます

PostViews Counterインストール

①ワードプレス管理画面青四角「プラグイン」→黒丸「新規追加」へ

②黒丸「今すぐインストール」へ

③青四角「有効化」へ

PostViews Counter設定

①青四角「設定」へ

②赤丸「PostViews Counter」へ

③緑丸4か所に☑

④左下青四角「変更を保存」へ

ブログに回覧数を表示したくない場合

①黒丸「表示」へ

②全ての☑を外す

③左下青四角「変更を保存」へ

ouenn.net=@kyoukadou

コメント