「ワードプレスで売れる仕組みを作りWEB集客に特化したエマノンwordpressテーマの使い方」 の記事を増加中
オリジナルブログの作り方

レンタルサーバーを借りて独自ドメインで本気でブログを作りたいあなたの為に最低限のことをまとめました。順番に進めて行くとできます。焦らずじっくりと確実に進めて行って下さい。

詳しく見る

WordPress目次自動表示プラグインTable of Contents Plus使い方2022年画像

コクーン
コクーンWordPress使い方STINGERSEO対策プラグイン設定ワードプレステーマ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ワードプレス目次をプラグインで自動表示してくれるものがあります。

「Table of Contents Plus」です。

このプラグインについては、色々なブログで紹介していますが、初心者がネックとなる部分は、H1からH6までの見出し用のHTMLのタグをもとに目次が自動再生されるとゆう点です。
つまり見出しを作っていることが大前提のプラグインです。

せっかくプラグインをインストールしても目次が表示されなくて困っている方もいらっしゃると思います。
まずは、見出しを作りましょう。

画像は、WordPressテーマcocoon Gutenbergエディターを無効にしています

スポンサーリンク
スポンサーリンク

wordpress目次プラグイン 注意点

・見出しをしっかり作っておかないとプラグインだけでは、目次は表示されません。
見出しをきちんと作成しておきましょう。

・テーマコクーンを使用している場合、このプラグインを入れなくても既に目次作成機能が付いています。
コクーンの場合もしっかり見出しは、自分で作ることになります。

・テーマEmanonを使用している場合、このプラグインの相互性は、未検証です。

ワードプレス目次 見出しの作り方

①見出しにしたい所をドラッグする

見出し1

 

 

https://ouenn.xsrv.jp/

「フォーマット」→「ブロック」▼から「見出し2」へ

そうすると、このページの「見出しの作り方」の見出しになります。

この見出し2の中に、細かく見出しを作りたければ、見出し3.4と作っていく感じです。

ワードプレス目次プラグイン Table of Contents Plusとは

記事の見出しごとに目次を自動で設置してくれるWordPressプラグイン。

SEO効果も得られます。
この記事の目次のように表示されます。

目次プラグイン インストールと有効化

Akismet16

①赤丸「プラグイン」クリック

table of contents plus1

 

 

 

②赤丸「新規追加」クリック

table of contents plus2

 

 

 

③赤丸の所に「Table of Contents Plus」入力

④Enter

table of contents plus3

 

 

 

 

 

 

 

 

⑤灰色四角枠の「今すぐインストール」クリック

table of contents plus4

 

 

 

 

⑥青字「プラグインを有効化」クリック

wordpress 目次 作り方 設定

table of contents plus5

 

 

有効化になったらプラグインに表示されます。

table of contents plus6

 

 

 

 

 

 

 

①赤丸「設定」クリック

table of contents plus7

 

 

 

 

 

 

②「TOC+」クリック

table of contents plus9 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考までに私の設定をUPしておきますね。
後々なれたら、自分の好きなように変更すると良いと思います。

③一番下青文字hideクリック

table of contents plus6table of contents plus6

④画像にはありませんが、一番下の茶色
四角「更新」をクリック

table of contents plus7

⑤黄色丸「サイトマップ」へ

こちらも、このブログの設定を参考までに上げて
おきま。

⑥「更新」へ

 

ouenn.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました