「ワードプレスで売れる仕組みを作りWEB集客に特化したエマノンwordpressテーマの使い方」 の記事を増加中

Googleキーワードプランナー:効果的なキーワード戦略のための必須ツール

SEO対策
SEO対策
この記事は約5分で読めます。
記事内に広告が含まれています。

ウェブサイトのオンラインプレゼンスを高めるために、適切なキーワード戦略を立てることは非常に重要です。Google キーワードプランナーは、ウェブマーケティングやSEO(検索エンジン最適化)戦略を構築する上で重要なツールです。

スポンサーリンク

キーワードリサーチの重要性

キーワードリサーチは、オンラインマーケティングのキーワードリサーチの重要性戦略基盤を築く上で最も重要なステップの一つです。適切なキーワードを選定することで、以下のようなメリットを得ることができます。

 

  • 検索エンジンでのランキング向上:適切なキーワードを使用することで、検索エンジンでのランキングを向上させることができます。
  • ターゲットオーディエンスの引きつけ:ターゲットオーディエンスが実際に検索するキーワードを把握することで、一般ユーザーを獲得するコンテンツを作成できます。
  • 広告キャンペーンの最適化:Google 広告などの広告キャンペーンで効果的なキーワードを注目することで、クリック率やコンバージョン率を向上させることができます。

キーワードプランナーとは

キーワードプランナーは、Googleが提供している無料のツールで、広告主やウェブサイトオーナーがキーワードに関連するデータを分析し、検索適切な見積もりや新しいキーワードの提案を行うことができます。これにより、効果的なキーワード調査が可能となり、目標オーディエンスに到達するための適切なキーワードを選定できます。

キーワードを調査

・特定の語句が検索されている頻度、語句の検索数の推移を確認できる

・成果が期待できるキーワードを絞り込める

入札単価の見積もりを取得

・キーワードごとに推奨入札単価(見積)が表示される

・広告予算の対策になる

プランを作成

・効果的と思われるキーワードを見つけたら広告プランに追加

キーワードプランナーの使い方

ステップ1:Google広告にログインしますか、アカウントを作成します。

ステップ2:「ツールと設定」メニューから「キーワードプランナー」を選択します。

ステップ3:「新しいキーワードを検索」をクリックして、関連するトピックやキーワードを入力します。

ステップ4:必要なデータを得るために、地域、言語、入札などの設定を行います。

ステップ5:「キーワードのアイデア」タブを見て、新しいキーワードの提案や月間の検索ボリューム、競争度などの情報を確認します。

ステップ6:リストから適切なキーワードを選び、ウェブサイトやコンテンツに取り入れます。

以下画像付き説明

①キーワードプランナー ↓へ

キーワード プランナーで最適なキーワード選択 - Google 広告
適切なユーザーに広告を表示するために重要なのは、キーワード選びです。Google 広告のキーワード プランナーを使って、あなたのキャンペーンに合ったキーワードを選びましょう。

https://ouenn.xsrv.jp

②グーグルID赤丸「ログイン」へ

 

 

 

 

 

 

 

 

③灰色四角へ「グーグルアドワーズ登録アドレス」「パスワード」入力

④青四角「次」へ

https://ouenn.xsrv.jp

⑤赤丸「ツールと設定」へ

⑥左「キワードプランナー」へ

https://ouenn.xsrv.jp

⑦赤丸「新しいキーワードを見つける」へ

https://ouenn.xsrv.jp/

⑧赤丸へ調べたいキーワードを入力

⑨左下青四角「結果を表示」へ

https://ouenn.xsrv.jp

⑩「月間平均検索ボリューム」へ 青丸が↓なので月間平均検索ボリュームが多いものが上に表示されています。
少ない順に表示したい場合、もう一度「月間平均検索ボリューム」へ 青丸が↑になり月間平均検索ボリュームが少ない物が上に表示されています。

グーグルキーワードプランナー見方

月間平均検索ボリュームとは、

指定した地域と検索ネットワークのターゲット設定で、対象のキーワードが検索された平均回数です。そのキーワードの 12 か月間の検索数の月平均です。

「多い」ほど検索されていることになります。

競合性とは、

個々のキーワードと Google で扱っているすべてのキーワードを比較し、入札している広告主の多さを相対的に示す指標です。このデータは、指定した地域と検索ネットワークのターゲット設定に基づいて算出され、「低」、「中」、「高」で表示されます。

「高い」と競争が多い事になるので、検索した時に上位表示しにくくなります。 「低い」と「上位表示」がしやすい事になります。

ポイントを押さえた戦略の構築

Googleキーワードプランナーを使って効果的なキーワード戦略を構築するためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • 関連性の高いキーワードを選定:ターゲットオーディエンスが実際に検索するキーワードを選定しましょう。

  • 長尾のキーワードを活用する:より具体的なキーワードや長尾キーワードを活用することで、より目標に近いユーザーにリーチできます。

  • 競争力のあるキーワードと低競争のキーワードのバランス:競争の激しい一般的なキーワードだけでなく、低競争のニッチなキーワードも取り入れて、適度を増やすことができます。

Googleキーワードプランナーは、オンラインマーケティングの成功に欠かせないツールです。適切なキーワードリサーチをしながら、ウェブサイトのランキング向上やターゲットオーディエンスの引きつけにしましょう

ouenn.net=@KyoukaDouen

コメント